車検が受けられる期間

車検の基礎知識

車検が受けられる期間

 こちらのページでは、車検受けられる期間について、わかりやすく解説しております(^^)

車検費用徹底解説
車検は有効期間の1ヶ月前から受けられるよ!

 車を公道で走らせるには、車検の有効期間中でなければなりません!もし有効期間が終わっているのに公道を走らせると、『無車検車運行』により違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金になってしまいますので注意しましょう!

車検は有効期間の終わる日に受けてもいいのですが、車検の有効期間の1ヶ月前から受けることができます!

車検の有効期間の1ヶ月前以降であれば、期日をそのままに有効期間を2年間伸ばすことができます。

例えば、車検の有効期間が3月10日までだったとします。車検を1ヶ月前の2月11日に受けて合格したとしたら、新しい車検証の有効期間は3月10日から2年先の3月10日になるということです。

早めに車検を受けたからといって、有効期間も早めになるのではないのです。これは検査場の混雑緩和のための特例ルールとなっています。

車検の有効期間を知る方法

車検証の有効期間を確認

車検証の有効期間 車検証の左下の方に【有効期間の満了する日】が記載されてあります。その日にちが車検の有効期間が終了する日になります。

検査標章(ステッカー)による有効期間の確認

 ステッカーは有効期限を示すもので、前面ガラス中央上部に貼り付けておくことを義務付けられています。表記されている数字で車検の有効期間がわかります。

車検が切れてしまったら

 うっかりしていて車検の有効期間が切れてしまったら、慌ててその車に乗って車検を受けに行ってはいけません!

無車検車運行』により違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金になってしまいます(^^;)

もし車検の有効期間が切れてしまったら、まずは仮ナンバーをつけて車検を受けに行くか、業者に依頼して車をトラックに積んで車検を受けてきてもらう必要があります。

仮ナンバーの取得方法についてはこちら車検が切れていたら仮ナンバー

車検費用一括見積もり
ホリデー車検
車検といえばホリデー車検が有名です!ガソリンスタンド車検は整備面で不安な方も多いはずです。きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、ホリデー車検は安心かつ車検費用がとてもリーズナブルコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検見積り
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!

ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→車検にかかる時間
サイトのTOPページへ